握手と感謝

「先生手を出して。」

授業の終わりにとってもシャイなPくんが話しかけてきました。

「?・・・こう?」

・・・ギュ(握手)

「ありがとうございました。」

えーーーびっくり!@@

実は・・・この日の授業中にこんな出来事がありました。

勉強に苦手意識があり、習ったことも忘れてしまうことが多いPくん(仮名)。

でも本当は頑張り屋さん。

いくら間違えても嫌がることなく質問したり再チャレンジしたり、漢字も何度でも弱音を吐かずに間違い練習をしてくれます。

その日も、

「先生、ここが分かりません。」

「うん、ヒントだけな。割合は〜倍で考えるんやったやろ?じゃあこれはどうなるかな?」

「あ、そうやった。分かりました!すみません。」

「・・・Pくん、なんで謝ったの?何にも悪いことしてへんで。いつも頑張ってるのに謝る必要なんて一つもないねんで。どこでも堂々としてていいねんで。むしろ感謝やわ。Pくんはめっちゃえらいで!」

「ありがとうございます!」

どうしてPくんはいつも謝る癖がついてしまったのでしょう?

もしかしたらですが、周りの大人に「何故この子は何度言ってもこれくらいのことを忘れてしまうのか」という顔をいつもされているのでしょうか?

だとしたら、そんな風に見て(思って)一体何のメリットがあるのでしょうか?

ふとそんなことを考えてしまいました。

そんなPくんから握手をしてくれるなんて!

目頭が少しが熱くなりました。

「ほめる」教育もよいと思いますが、

上からだけではなく、

生徒への「感謝の心」を忘れたくないですね。

頑張る姿を見せてくれてありがとう。

毎日成長する姿を見せてくれてありがとう。

きっと言葉ではなくても、そういう「感謝」の気持ちを持っているだけで、「ほめる」よりも効果は高い気がします。

「教育の秘訣は、生徒を尊敬すること。」

  エマーソン

大好きな言葉です。

また有名ですが、

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

「話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず」

「やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず」

  山本五十六

この日のことも私はきっとずっと忘れないと思います。

感謝です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする