思い

塾生の皆さんへ

毎日計画をして、元気な時も、しんどい時も、眠い時も勉強することは、スポーツやダイエットにとてもよく似ています。

本当に嫌々すると途端に途方もなくしんどくなるものです。

しかしよく考えて下さい。

お家の方のお仕事や家事も同じです。

お家の方は、

厳しいノルマやスケジュールの中で毎日毎日お仕事をし、

家族が健康に暮らせるように毎日毎日家事をされて、

愚痴も言えず、サボることもできません。

そんな中で毎月毎月お月謝を塾に支払って下さっています。

これは本当に大変なことで、

大変大変大変

「有難い=当たり前に有ることが難しい」

ことです。

さて、

主人公の君はどうですか?

お家の方の思い(愛情)よりも強い思いで勉強していますか?

お金の話をすると少しいやらしいかも知れませんが、

それならなおのこと、それを「思い」という単位にしてみて下さい。

「思い」は「想い」。相手を思う気持ち。

お家の方の君への愛情です。

今、そして未来の君へのプレゼントです。

例えば、

もちろん到底計り知れるものではありませんが、

お家の方の塾へ通わせる「思い」が「100」とします。

※途方もない目標などではなく、しっかり成長してほしい頑張ってほしいという「思い」です。

君たちは「100」か、それ以上の結果を出そうとするべきではありませんか?

もともと「80」や「90」くらい頑張ればいいやとか思っていませんか?

テストの平均点が5点上がったくらいで大喜びしていませんか?

そうなるともう性格が悪いですよ。

えっ!!!と驚くかもしれませんが、

性格って「優しい」だけじゃダメです。

成長に合わせて「強さ」だってもちろん必要なんです。

子供だからそれが出来ない?

確かにその通り。

その甘さが子供なんです。

だからこそその甘えを落としていくために

一生懸命するべきなんです。

何だかよく分からないが、

いつか素敵な未来の自分=大人になるために。

そして昨日よりも今日は少しでも素敵な自分になるために。

自分とは「自らを分かる=知る」と書きます。

君たちはまだ自分すら知らない。

何の理屈もなくあがいてみよう。

恥ずかしいくらい泥臭くもがいてみよう。

どんどん孤独に悩んでみよう。

コツコツ失敗しよう。

コツコツ小さな成功体験を積もう。

コツコツ小さな自信をつけよう。

本気でやらなかったことは何も残りません。

そうして本気でやって、

自分を少しずつ知ろう。

自分になろう。

だって周りの大人がいつだって、

そっと見守ってくれているんですから

全部安全にできるじゃないですか。

それが教育なんです。

そうして我武者羅にやってみて、

やっぱり、いかに自分が子供かということを

嫌というほど知って、

そこからまた足を一歩踏み出した人を

「大人」と言うのかもしれませねんね。

色々と書きましたが、

今の大人の人はほとんどの人が優しくなってしまって、

子供の顔色を見ながら、

子供の分かるように話しをします。

子供の分かることしか話しません。

私はそれは間違っていると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする