教育・学習の本質

AI?一人一人に最適化されたカリキュラム?成績保証?

この宣伝文句多いですね。

否定はしません。使い方によりけりです。

しかしよく考えれば、自分にとってよりよい学習の仕方を模索し、取捨選択し、活用、工夫をしてゆくという、点数よりもはるかに重要で継続すべき経験・学びは一体いつ学ぶのですか?

成績保証って一体誰の勉強ですか?

少し安っぽくないですか?

何故教育・学習の本質からも、世界のトレンドからも遠ざかっていく風潮を有り難がるのか。

個人的には違和感があります。

この違和感をよく言い表された動画を見つけました。

ぜひご覧下さい。

BR

養老孟司さんってどんな人?→Wikipedia

前の記事

無駄を減らそう